第百六十三章  テールランプのLED化




6月初旬、大阪のベスパ電子研究所所長、うっちーさんより、ポン付けLED球が到着。

       

すごい・・・。

としか言えませんです。ハイ

分割されたパーツは、上がブレーキランプ。下がテールランプ。

で、どこが光るのかと申しますと・・・。

       

丸で囲んだ部分。

大きな丸で囲んだハイパワー
LEDはとてつもなく明るい。

交換はまさにポン付け。とっかえるだけです。納まりはバッチリ。さすが国産。いやベスパ電子研究所産。

では気になる光量は・・・。

        

これがテール球のみの状態。

画面にカーソルを合わせると
ブレーキ球点灯!

前後比較の写真は撮ってないんですが、見た限りでは違いがはっきり。ブレーキ球の光量の差は歴然

そして何より嬉しいのは、点灯のキレがいい。電球だとリアブレーキ踏んでからも「ボワッ」と点くため、タイムラグがあるんですが、LEDだとそれが全くない!すばらしい!

それとテール球の消費電力が減った分、ヘッドライトが明るくなった。ヘッドライトは6Vハロゲン球を使用してますが、感覚的に1.5倍近く明るい。

今のところ取付けて二週間。異常なく点灯しております。数回ほど、本気モードで回転あげて走行してみましたが問題ありません。耐久性の実証のため、今後も使用を続けます。

ちなみにうっちーさんのサイトで心配されていた「酸化皮膜抵抗」の発熱はほとんどないようです。


話は変わりますが送付された中に、取説が同封されていた。

       

注意点が記された説明書。

わざわざこんなものまで。
ありがとうございます。

しかしこの中に、気になる文章が・・・。

「差し上げた時点でライフさんのものですから、不具合・不都合があればご自身で加減を見ながら、切った張ったの改造をされてみてください」




た・・・試されているんでしょうか?・・・。




はっきり申し上げます。無理です(笑。とても弄れません。

しばらくは人柱担当で。どうぞよろしくお願いします。

 

  


TOP | 当サイトの説明・注意 | ベスパ奮闘記 | 戯言 | PHOTO | BBS | Link | update